ねずみの被害がみられたら、早めにねずみ駆除を

家に侵入したねずみは、さまざまな被害をもたらします。

家具を囓り建材や壁に穴を開け、電話のコードや電気の配線を囓られると火災を起こす危険性もあるのです。巣を作られて大量に繁殖される前にねずみ駆除をおこないましょう。主なねずみ駆除はワナなどを使用して捕獲する方法と、殺鼠剤を使用する方法があります。ねずみ駆除に使用する罠は、粘着式シート、捕獲用のカゴ式罠、圧殺式の罠があります。比較的扱いが簡単なのが、粘着式シートです。カゴ式の罠は捕獲した後に処分する必要があり、圧殺式の罠は死骸を処理しなければならないのです。死骸を扱う自信が無い方は、粘着式シートが良いでしょう。

罠を仕掛ける場所は、ねずみの侵入口があった部屋に設置します。ねすみの侵入口には、ねずみの体から付着した黒ずみなどの汚れや糞が落ちているので被害があった部屋の排水溝などのすき間や、壁の穴などを確認してみましょう。ねずみは隅を走る習性があるので、部屋の隅にできるだけ多く設置します。ねずみは警戒心が強いため、見慣れないものにはなかなか近づきません。最初はシートのカバーを外さず、周囲に餌などを置いて様子を見るのが良いでしょう。ねずみが餌を食べている様子がみられたら、シートのカバーを外してかかるまで様子を見るのです。

ねずみがシートにかかっても多くの病原菌をもっているため、直接、手では触らないように注意して取り扱い、数日おいて死亡したら、適切に処理しましょう。殺鼠剤を使用する場合も侵入口の付近に設置します。最初は、無害な餌を置き、食べている様子がみられたら毒を含む殺鼠剤を混ぜていくのです。粘着シートの罠も殺鼠剤も設置してすぐに効果があらわれるものではないので、根気良く待つ必要があるのです。1週間ほど置いて、全く効果がみられないようなら、場所を変えてみるなど別の対策を考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *