ハトの駆除方法の種類

ハトをベランダなどで見かけたら、巣作りの準備をしている可能性が高いので要注意となり、巣を作られてしまうと駆除するには届出が必要になるので、巣作りする前に駆除する必要があります。

ハトが巣作りしている場合、室外機の裏や下側など、あまり人目に触れない場所を選んで巣を作る性質があり、小枝や針金など集めたりマーキングとしたりするので、これらの物が落ちていたら、すぐに掃除するようにすると、この場所は人間が来る事を判断して近寄らなくなります。

また、手すりや腰壁などにテグスを設置したり、ハトがとまると予想される場所に針山などを設置すると、危険を察知して近寄らなくなるので、駆除するには有効手段となり、ネットなどで完全防御するとベランダなどへの侵入を完全に防ぐ事ができます。また、ネットを設置する場合、景観の問題などで許可が出ない場合がありますので、事前に管理者などに確認しておく必要があります。

これらの対策の他に、ハトは体内磁石があるので、磁石を設置すると嫌がったり、CDをぶら下げて光による威嚇を行ったり、漂白剤の匂いを嫌がるので、水で薄めて散布する方法などがあります。ハトが棲みつくと、帰巣本能が強く一度でも巣を作ると何度でも同じ場所に巣を作ろうするので、完全に駆除しないと鳴き声や糞による被害があり、雛は約10ヶ月間巣に居続けるので、糞の量は相当な量になり、悪臭が発生する他に害虫が発生するので、巣を作りそうな場所は常に掃除しておく必要があります。
カラス駆除のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *