駆除の前に知っておきたい、ハトの基礎知識

野鳥の中で、スズメと並んで人間に近い存在といえるハト。

公園やビル、駅などさまざまな場所で見られますが、マンションやベランダに頻繁に姿を見せるようになったら注意が必要です。棲みついてしまうと非常に厄介。いざ棲みつくとハトの駆除には自治体の許可が必要となってしまうからです。では、ハトが棲みつくことによりどんな被害があるかご存知でしょうか?まず、糞による被害が挙げられます。単純に壁や屋根が汚れる、というのもありますが、金属やアルミサッシなどを腐食させる、恐ろしい威力を持っています。

また、伝染病や細菌を運ぶ危険な対象なのです。他にも、巣を造営して棲みついたり、鳴き声がうるさいといった騒音被害も当然あります。放置すると、根城としてしまうため、ハトが棲みつきそうなそぶりを見せたら早めに追い払ったり駆除が必要となるわけです。ハトの習性から見て、糞が増えたら危険信号です。彼らは、見渡せる高い場所を好み、羽を休ませる場所でありながら、エサを取るのに都合の良い立地を常に探している訳で、糞が増えたらその場所をねぐら・巣としよう、と企んでいる証拠だからです。糞による被害が増え始めたら、速やかに駆除対策に乗り出さなくてはなりません。

傾向として、マンションの屋上やベランダ、室外機置き場、棟梁の下に巣を作る傾向にあります。これらの場所は滅多に人間が立ち入らない場所でもあるわけで、外敵から見つかりにくい安全な場所と認識するからです。また、糞が少し見られる時期は、安全か確認している初期段階であり、この時期に対策を施すかどうかで明暗が分かれます。テグスや鳥よけのワイヤー、忌避材の塗布など駆除対策を施すことによって、危険と判断させなければなりません。もしここで怠ると専門業者に頼らなくてはならなくなるので、心してかかりましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *