ハトの習性を知って駆除しよう

ハトの糞による被害が都市部の住宅地で増加しています。

対策グッズなどが多数販売されていますが、習性を利用して駆除対策したほうが効率的です。雨風から逃れることができ、周囲にネコやヘビなどの天敵がいないベランダは巣を作るのに安全な場所であることからベランダに被害が集中します。ハトは直ぐにベランダに巣を作るわけではありません。最初は目的の場所を遠いところから観察し、次は短時間滞在、その次は長時間滞在するというように用心深く安全を確認し巣作りをして子育てします。

このように時間をかけて見つけた安全な場所なので、直ぐに立ち去ることはありません。また、ハトには帰巣本能があるので一度離れても再び戻ってきます。ハトを駆除するならベランダに短時間止まっている間の最初の段階が最適と言えます。ベランダにネットを張る、剣山のようなプロテクターや鏡、ライトを設置するなどが個人でできる駆除対策です。このほかに忌避剤を塗ったりスプレーする方法もありますが、薬品によっては死んでしまう場合があります。

実は、ハトは鳥獣保護法により捕獲したり処分することは禁じられている鳥です。ですから殺さずに追い出すしかないのです。また、禁止されているのは成鳥だけでなく卵やヒナも勝手に処分することは禁止されています。駆除する場合は市町村に被害があったことを申し出て許可をもらってからになります。巣作りをしてからの駆除は手間がかかってしまいます。個人でできる対策で効果が無い場合は早期に業者に依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *