ハトの駆除をする際の注意点

国内のどのような場所にも生息しているハトは、人間を警戒する事が少ないので放置してしまうと住みついてしまいます。

住みついてしまうと、巣を作ってしまいます。糞をしてしまうと、汚れてしまうだけではなく糞に含まれている細菌が人間の体に悪影響を与えてしまう恐れがあります。近くに住みついてしまう前に、できるだけ駆除をしておく必要がありますが駆除をする際には注意しておく事があるのを知っておく必要があります。知らずに行ってしまうと法律違反になってしまう恐れがあるので、事前にしっかりと理解しておきましょう。

ハトは法律によって傷つけてはいけないと決められています。寄せ付けない為に罠を仕掛けたり、傷つける行為をしてしまうと法律に違反してしまい罰せられます。ハトを寄せ付けないようにする為には、罠を仕掛けたり傷つける方法ではなく、間接的に追い払う方法を試すようにしましょう。駆除をする際にハトの糞に触れてしまう事もあります。糞に含まれる細菌は糞が乾燥しても生きているので、安心はできません。

直接触れないように手袋をしておくだけではなく、風によって舞い上がってしまった糞に含まれる細菌を吸い込んでしまわないようにする為にも、マスクを着用する事を忘れないようにしましょう。他の生き物とは違う注意点がたくさんあるので、覚えるのは大変ですが駆除を行う上で必ず必要になる事ばかりです。ハトを駆除する際の注意点をしっかりと理解しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *