屋根裏のねずみ駆除をお願いする

家の屋根裏にねずみが走り回っているという光景は昭和の日本のようなイメージをもちそうですが、じつは現代でも多いです。

昔はねずみ駆除のために猫を飼っていたという風習がありましたがいまはそんなことはありません。飼われている猫はねずみを取るような仕事はしていないからです。さらには、ネズミは動きはとても速いですし、猫に期待するものではありません。そのくらいいまはネズミの問題は社会問題になるくらい大きくなっています。さらにネズミの被害というと地方に限ったようなイメージがありますが、都心でも増えています。

ねずみは繁殖力がとても高いということと、どこででも生きていけるという貪欲さと、小さな隙間でも出入りできてしまうということで、駆除の仕方もとても難しいのです。素人が量販店などでねずみ駆除の道具や餌を買ってねずみ駆除の対策をとったとしても、一時的には効果があったとしても、根絶させるのはとても難しいです。

とくに屋根裏に入り込んでしまう場合は家のどこか小さな隙間があるはずで、それを見つけ出していくということは素人では困難です。ですから屋根裏などの問題を解決していくためには、素人で長期間苦しんでいるくらいでしたら、ねずみ駆除業者に依頼していくことが結果的には正解ということになります。そのときは費用がかかったとしても、家が長期的にわたって汚れるとか家の構造物が痛むなどの被害を考えればずっとお得ということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *