木造住宅のシロアリ駆除と周囲への影響について

シロアリは倒木などの植物遺体を好んで食べる習性を持っているので、都市部では木造住宅の建材を食い荒らすことがあります。住宅の柱や壁の中に巣を作り無数に繁殖することから、そのまま放置すると木造住宅の耐久性が大きく低下して危険な状態になってしまいます。そのため、異常が確認できたら速やかに専門業者に駆除を依頼することが大切です。シロアリ駆除は木材の内部に入り込んだ成虫や卵をまとめて死滅させる必要があるので、浸透性が高く毒性も強い薬剤を使用するのが一般的です。

シロアリ駆除用の薬剤は人体に有害な成分が含まれている物もあるので、駆除作業を行う際は安全確保が重要になります。また、薬剤が屋外に漏れ出ると近隣の環境に悪影響を及ぼす可能性があるので慎重な作業が不可欠です。また、薬剤は土壌や水質を著しく汚染することから、駆除作業を行う際は事前に近隣に連絡を済ませておくことが社会的なマナーになっています。シロアリ駆除は現在住み着いているシロアリを退治するだけではなく、新しい巣が作られるのを防ぐための処置も必要になります。

柱や壁に予め薬剤を塗布しておくことでシロアリの接近を防ぐことが出来ますが、住宅に住んでいる人にとっては居住空間にある建材に有害な薬剤を塗布されることになるので、生活を営む上での安全性について詳細を確認しておく必要があります。特に小さい子供や高齢者が同居している世帯やペットを飼育している世帯は思わぬ健康被害に遭う可能性もあるので、使用する薬剤の選択には特に注意することが快適に暮らすための心得です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *