アパートのシロアリ駆除と環境への影響について

アパートは一つの建物に複数の世帯が入居する集合住宅の一種で、一般的な一戸建て住宅と同様に木造建築の物件が多数を占めます。そのため、木材を食い荒らすシロアリの被害に見舞われることがあります。シロアリに建材を食い荒らされた建物は耐久性が大きく低下してしまうので、異常が確認されたら速やかにシロアリ駆除を行う事が大切です。その一方でアパートは一戸建て住宅と異なり複数の世帯が入居していることから、シロアリ駆除を行う際はすべての世帯に予め連絡しておく必要があります。

シロアリ駆除に用いる薬剤は人体に有害な成分が含まれている物が多いため、安全の確保のために必ず入居者へ通達しておくことが家主の務めです。アパートは建物の造りが大きいことから、使用する薬剤の量も一戸建て住宅と比べて多量になる傾向があります。そのため、薬剤が外部に漏れ出た場合は近隣の環境を汚染してしまう危険があるので駆除作業は慎重に行う事が大切です。特に河川に薬剤が流れ込むと重大な水質汚染に繋がるので、場合によっては駆除作業を行う場所を保護シートなどで覆う工夫が必要になります。

また、近隣の住人にも駆除作業を行う事を事前に伝えておくことがトラブル回避の条件になります。シロアリ駆除は建物に住み着いているシロアリを死滅させるために必要な処置ですが、方法を誤ると周囲に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので事前に周囲の環境を確認したうえで、正しい手順で丁寧に作業を進めるように心がけます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *