3つの二重の美容整形方法

目の美容整形と言っても、幅、大きさ、形、などで印象は全く変わってきます。多くの人が憧れる美しい目とは、二重まぶたです。一重の人が二重にすることもできますし、二重の人がさらに幅を広げたり目を大きくさせる美容整形も可能です。美容外科で行われているスタンダードな二重整形法は「埋没法」です。

傷が残らない、腫れがほとんどない、自然な仕上りになる、というメリットがあります。糸で皮膚と瞼板(けんばん)をくっつけて、二重をつくる方法です。どこの美容外科でも使われている一般的な方法です。糸で止めるだけで簡単なので、腫れもほとんど出ません。

傷跡も残りません。他の方法には「切開法」があります。皮膚を切ってくっつける方法です。半永久的な二重の効果を得ることができます。

皮膚を切開して二重まぶたをつくる方法で、切開範囲が小さい「小切開」と、まぶた全体を切開する「全切開」の2種類があります。「全切開」では瞼板前の結合組織も除去するので、スッキリした自然な二重になることも多いです。「切開法」は「埋没法」に比べて目元を切開します。怖さを感じるかもしれませんが、危険性は低く「埋没法」よりも自然な目元に仕上がることも多いです。

最近流行している方法には「眼瞼下垂(がんけんかすい)」があります。まぶたを持ち上げる筋肉から調整して、ぱっちりした目元に美容整形することができます。この方法は難易度が高いので、受けるならば名医のいるクリニックで受けるのが望ましいです。