脱毛後の過ごし方については特に注意をしなければなりません。脱毛後はどうしても肌がデリケートになっており、ちょっとした体温の変化によっても肌トラブルが生じることがあるからです。では、どうしてお酒を飲むと肌トラブルなどが生じるようになっているのでしょうか。まず、お酒を飲みますと血行がよくなり体温が上昇しますよね。

実は、これが脱毛後のお肌には良くないのです。飲酒により体温が上昇してしまうと、脱毛後の肌に赤みが生じたり、あるいは痒みが生じたりします。これらはすべて、飲酒をすることで血行が良くなるために起こることなのです。脱毛後、どのくらい飲酒は控えるべきなのかというと、これはそこまで長くなく、数日くらいの禁酒で十分です。

肌の方もどんどん回復して行くので少しの体調変化で赤みが生じることはなくなるでしょう。また、施術の前でも飲酒は控えなければなりません。これはどうしてなのかというと、これも血行の問題で、赤みや痒みが生じることがあるからです。施術前にアルコールが分解されずに残っていると、そのまま結構も良い状態なので赤みや痒みが施術後に生じる原因となるのです。

前日、そして施術前の飲酒は絶対に避けるようにしましょう。お酒を適度に飲むというのは血行を良くするため体に良いとされていますが、それが仇となる場合もこのようにあるのです。是非とも、施術前後については絶対にお酒は控えて、安静にして過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です