熱回収を利用してお湯を沸かす

エコキュートに利用が行われているヒートポンプには、5度以上の水で温風を作り出す機能や5度以上の空気熱でお風呂やキッチンで使うお湯を沸かす事が出来る、地球にやさしい給湯設備や温風設備と言えましょう。
空気中に含まれている熱を回収する事も熱回収と呼ぶもので、僅かな温度の熱を利用する事で高温のお湯を沸かせるメリットがあります。

熱回収に有効なサイトです。

また、お湯の熱を回収する事も熱回収で、入浴後の浴槽の熱を回収し、排出された熱を利用して貯湯タンクの水を温める風呂熱回収機能を持つ製品も登場しています。



熱回収を利用する事で空気熱や浴槽の残り湯の熱はいずれも再利用する事が出来るわけです。


従来、お湯を沸かすためには薪を燃やして風呂釜を加熱、風呂釜は熱伝導率が高い鉄などで出来ているため、内部の水を高温度にする事が出来たわけです。


このようなお風呂に入った経験を持つ人であれば分かるかと思われますが、一部は高温度に達していても、一部は過熱が行われずに真水の状態などのケースもありました。
そのため、お風呂に入る時には湯船の中をかきまわして温度が一定になるようにしなければなりませんでした。
また、薪を燃やす事で二酸化炭素を多く放出する事になり、地球温暖化への影響も起きやすくなるわけです。



熱回収は空気熱など既存の熱を回収するもので、火を燃やす事がないので環境にやさしいと言われていますし、ガスを使う事で空気が汚れますが、ヒートポンプなどはガスを使わない仕組みになっているため空気が汚れる心配も要りません。