整形外科で扱う領域と治療法の概略

整形外科は外科の一分野で、骨、関節、筋肉、靭帯などの運動により使用する部分を扱う医学の領域です。病院の事情によっては、リウマチや外傷、一部の悪性腫瘍を扱う場合もあります。整形外科と似た科で、形成外科や美容整形があります。整形外科が運動系の疾患を治すことに対して、形成外科は、外見上の傷害、すなわち顔面骨の修復などのように、病気や事故などによる外見上の問題に対して手術を行うことが目的です。

また、美容整形は、形成外科と同様に見た目を手術により見た目を改善するのが目的ですが、例えば二重まぶたにするとか鼻を高くする、豊胸手術などのように病気や傷害でないものを扱います。よって、美容整形は健康保険を使えないことが多いです。他に、接骨院、鍼灸などは同様のものを扱いながら、代替医療といい、医療行為としては認められておらず、健康保険は使えるものの現代医学とは一線を画すものです。整形外科で行う治療については、保存療法と手術によるものとがあります。

保存療法とは、患部を冷やしたり、温めたり、牽引したりして、自己修復作用を促し回復の手助けを行うもので、場合によっては時間がかかります。また痛みが取れたため病院に行かなくなってしまうケースも多く、結局きちんと治らないこともあります。手術によるものは患部の切除を行ったり、人工関節のように人工物と取り換えたりしますが、手術技術が発達したため難しかった手術も可能になりました。また再生医療は特に整形外科の治療法の多様性をもたらすものと期待されています。

豊胸の抜去のことならこちら